5年前は無謀だったのですね。

昨日は、雪のため通行止めになっていた
三原山にある登龍峠、防衛道路が解除に。
そして今日は、八丈富士登山道と鉢巻き道路が解除されましたね。

八丈富士

こんなに長い時間、通行止めになるのも珍しく
寒気の長引いていることがよくわかります。

 

ちなみに私の体調も、風邪が長引き・・・

昨日、ふと
「ケイが部屋から出てこない・・・」
と思い
「あっ、一週間後修学旅行!」
と気がつきました。

風邪をうつしたら大変。(>_<)

わかってはいましたが、いつの間にか自分の体が中心となり
油断しちゃいました。

 

今朝の状況は、
体はだいぶ楽になりました。
寒気は少なくなり(冷凍庫に入るとキツいですが)
右耳のツーンと言う張りもなくなり
のどの痛みも和らいできました。

ただ横になると、鼻水が溜まり始め
咳も連続してで始めますね。

そう言う意味では、起きている方が
楽な部分もあります。

と言うことで、今日からお店番を再開。

「今年もよろしくお願いします。」
と言うお客様に、
「ごめんなさい。風邪で・・・」
「大丈夫。われも風邪が治ったばかりだから!」(笑)

しばらくして。
「おう!おめでとう!」
「今年もよろしくお願いします!パブリックの応援で風邪引いちゃって・・・」
「あっ~われも1時間半ほど、あの雨の中応援してたぁよ。」(笑)

こんな会話ばかり。(苦笑)
早く風邪治さないと。

 

で、ちょっと調べてみました。
鼻水の色には種類があるそうで
1.褐色や黒い鼻水は、鼻血や炎症などによる出血が原因だそうです。
2.透明で粘性のある鼻水は、体内に細菌やウイルスなどが侵入した場合。
3.透明でさらさらの鼻水は、花粉症やダニ・ハウスダストなどのアレルギー反応で分泌され

そして
昨日、一昨日辺りからではじめた
4.黄色い鼻水は、風邪の菌やウイルスなどが体内に侵入し、その菌やウイルスを退治するため
体内で格闘が始まっている状態だそうです。
その闘いで力尽くした白血球が排出物として鼻水になるとか。

つまり今、体内では風邪菌に立ち向かい
健康になろうとしている状態で、まだ完治したわけではないようです。

そこで黄色い鼻水の時に大事な事は
・ぐっすりと寝る事
・無理をしない事
・栄養のある物を食べる事
・アルコールやタバコを控える事
とか。

風邪は治りかけが大事と言いますので、
今が大事なときですね。

もちろん、全てが該当するわけではありません。
副鼻腔炎を経験しているので、サイトの添え書きにも
なるほどな~
と。
参考にしたのは、こちら

特に風邪の時の鼻水として

引きはじめのヤバイ時⇒透明
風邪をひいてしまった⇒白色
治りかけの時⇒黄緑

は、とてもわかりやすかったです。

でも、できれば風邪を引かないよう
気をつけることが一番だと思います。

私も来年は、こんな風にならないように
健康に気をつけたいと思います。

 

健康と言えば、2012年ですから5年前。
初めてパブリックロードレース大会に参加し、ハーフを完走した年です。
風邪を引いて、前日まで風邪薬を飲んでましたね。

2ヶ月前から練習を開始したものの
週1.5回のペース。

当時の日記を、今読み返すと
「なんと無謀なことを・・・」(>_<)
案の定走り終えた夜は、体調不良で大変。

何事も経験と言いますが
初めての挑戦で、よく2時間切ったと思います。

当時の日記は、こちら。(2012年1月9日参照)

今では考えられませんね。
年はしっかり重ねているようです。(笑)

 
おっと、
年、年と、年齢のせいにするのがいけないようですね。
「がんばれ!体内白血球!!」(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。