子供の頃悩んだ「寛容」の意味とは。

今日は朝7時40分にお店を出発。
加工組合に注文分のくさやを配達し
年二回の恒例行事を終えました。
今日の郵便局、クロネコヤマトさんはくさやの発送が多いでしょうね。

昨日の雨もあがり、定期船こそ欠航となりましたが
飛行機は順調。
明日お届けできると思います。

 

ちなみに、気象庁の予報は、
今晩、「夜 雷を伴い 激しく 降る」
明朝は、「未明 雷を伴い 激しく 降る」
今晩から明朝にかけて、天気が崩れそうです。

今晩はおとなしく・・・
ですね。(苦笑)

晩と言えば、、昨晩は朝頂いたイカを
イカ!

刺身にして食べました!
イカの刺身

あまりの美味しさにビールを二缶空けてしまい
20時には熟睡・・・
深夜から、「飲み過ぎた・・・」と後悔しながらゴロゴロ。
朝6時過ぎに起床し、一缶にしておけば良かった。
と反省してました。(>_<)

何事もほどほどですね。

 

実は疲れがたまりすぎ、二三日前から
左の歯や耳が痛み始め疑問に思っていたのですが・・・

朝の加工組合で
「今回の風邪は抜けない。熱は下がらないし、耳も痛くなる。」
やばい。
もしかして風邪の前兆?
しかも長引くそうなので、気をつけないとですね。

 

昨日お客様から
「子供のムロアジ製造は始まりましたか~」
とお電話が。
「8月1日からです。」
「わかりました~」

3年前にご購入頂いたお客様でしたが
お問い合わせ頂き、とても嬉しかったです。

8月1日から解禁される子供のムロアジは
「頭から骨ごと食べられる」くさやです。
漁獲した中でも、更に小さく限られたサイズなので
製造量も限定されます。
島内のご注文も7月に入ると声がかかりはじめますね。

価格は入荷時の相場によるので未定ですが
ご希望の方は、連絡下さいね。
例年ですと、1kg箱と10枚入り真空パックで販売しています。
お問い合わせは、こちら

最近は港の中で釣りをする姿も見られなくなり
ちょっと心配。
漁模様はどうでしょうね。

 

先日ご紹介しましたが
30日は中学一年生の職場体験。
「文化について教えて下さい。」と言われ、
「文化」って何かな~と日々考えています。

子供の頃、よくわからなかった言葉に
「寛容」
という言葉がありました。

国語の教科書に書かれていたのですが
結局その時は理解することができませんでした。

それから中学に入り、社会の先生が
私達に「わび、さび」を伝えたくて
一生懸命考えている姿を見て
日本語って、知らない言葉がたくさんあるんだな~
と意識するようになりましたね。

当時、
さだまさしや小椋佳の歌詞には、私達が普段使わない
独特な言葉が使われていましたね。

悩んだり、考えたり、いじめられたり
そんな経験を繰り返していく内に
理解していく言葉もたくさんあると思います。
「寛容」という言葉も、私にとってはその一つでしたね。

寛容の意味を調べると(goo国語辞書参照)
1 心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと。また、そのさま。「寛容の精神をもって当たる」「寛容な態度をとる」「多少の欠点は寛容する」
と書かれてありました。

どんな精神状態の時も寛容でいたいですね。

今日はこれから
八丈町いじめ問題対策連絡協議会。
そんな想いを持って、出席してきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。