今回の講師は、卓球の岡紀彦さんでした。

今朝は雨と思いましたが、
「あれ?もしかして降っていない?」

玄関を出ると、風は吹き始めていましたが
くもり空でした。
予報が少しずつ変わっているのですね。

Yahoo!天気予報を見ると
強雨が弱雨に変わったと思えば
くもりが弱雨になったりと忙しい。

今日は、弱雨が午後から強雨の予報。
これから雨になるのですね。

 

そんな今日は、朝、富士中学校に。
「夢・未来」プロジェクト アスリート授業を見学に行ってきました。
今回の講師は、岡紀彦さん。
卓球で、シドニー、アテネ、北京オリンピックに出場。
と、
学校から頂いたプリントに書かれていました。

1校時が講演
2校時が1,2年生の実技指導
3校時が3年生の実技指導です。

12月にP連卓球大会もあり、お話しだけでもと行くことに。

体育館に入り受付を待っていると
車いすの方が校長先生と入ってきました。

「岡紀彦さんと校長先生が・・・」とマイクで案内があり
この方なんだ~
と、衝撃。

下調べも何もしてこなかったので
どんなお話しをしてくれるのだろうと
とても興味をそそられました。

副校長先生から、「(椅子に)座って・・・」
いつも、気を遣って頂きとても申し訳なかったのですが
「あっ大丈夫です。お顔を拝見しながら聞きたいので!」(笑)

 

お話しは、想像したとおりとてもおもしろかったです。

スポーツが好きなのに、骨がすぐ折れてしまう体質に。
そんな岡さんに、ご両親は
「不合理な事でも、おまえの責任と言われて育てられました。」
と。
友だちの方が悪くても、責任は自分にあると・・・

そんな教育が、岡さんを変えていきます。

30年前、卓球大会に参加しようと申し込むと
「車いす競技者の前例はないのでお断りします。」
と断られてしまいます。

「実力を見もしないで、なぜ?」
悔しい反面、
(車いすは自分のせい)
じゃあ出場できるようになるためにはどうすればよいか考えたそうです。

「車いす競技者の日本一になろう。」
「日本一の岡といえば出場させてくれるだろう。」

 

最初の車いす競技者の大会でベスト8。
次も次も次も。
そして
「次の大会でベスト8以上にならなければ・・・」
と最後の思いで練習に励んだそうです。

練習のやり過ぎで、右肩骨折。(>_<)

さすがに落ち込んだそうですが
そこからまた!
今度は、今の自分で試合に望める戦い方を考えたそうです。
「受け続ける。」

それまでは派手に打ち込んだり、ガッツポーズをしたり
若さにはじけていましたが、相手の攻撃を受け
ひたすら返し続けたそうです。

そして手にしたのが、日本一!(^O^)

 

ところが
二年三年四年、日本一が続くと
今度は相手にポイントが入る度に大きな声援が。
「岡が負けるときが来たかもしれない。」
そんな声が・・・

勝って当たり前のプレッシャーですね。

「それから私は世界を目指したんです。」
「世界を目指すと日本一なんて小さな事に思えてくる。」
「より大きな目標を持つことです。」

あっ~
八高生のみんなに伝えたいことって
こういう事だったんだ~
と思いました。

今日はとても良いお話を聞けて
よかったです。

ちなみに岡さんの成績を調べましたら
ジャパンオープンパラ選手権
1988年~2012年(25連覇)、2014年優勝、2016年優勝
国際クラス別パラ選手権
1995~1997年、1999~2000年、2002年、2004年、2006~2015年優勝(10連覇)

すごい方でした。(苦笑)
2校時の実技講習を半分ほど見て帰宅。

今日は午後から、
1日の講師内容とPTA新聞の原稿を作る予定です。

あっ、ケイが車の仮免許試験から帰宅、
「受かった。」
「おめでとう!」
天気が崩れる前に試験を終えよかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。