今日の日記

くさや伝道師こと、二代目!長田隆弘のブログです。

通勤時間、歩いて10秒。
隣にある加工場と自宅往復の日々は、「島」だからこそですね。
毎日お客様との出会いを大切に、ブログに書き留めて行きたいと思います。

あっ、2000年からはじめた
子供達と共に学び成長を綴った18年間の日記「くさやっこ」は、こちらになります。

家族三世代の「島」暮らしって!くさや屋二代目の朝からブログ

くさやを好きな方は、奥が深いですね。

雨ですね。。。

深夜はくもり。
朝、小雨となり、
お昼前から雨に。
「久しぶりだね~日中にこんなに降るの。」

屋根のペンキが届いてから
「10月は雨の日が多いんです。」
と、天気予報士の説明。

「そうなんだ。」(>_<)
言われてみれば、10月のジョギングって
雨で走れない日が多かったな~
と思いだし。

参ったな~

 

そんな今日は午前0時20分過ぎに起床。
3時間も寝てない。

と言うか、寝坊してはいけないと
二度ほど目が覚め
三度目に起床。

30分早く製造始めたので
30分早く初めてちょうどいいのか・・・

加工場に行き、水ため開始。
深夜は、使用量が少ないせいか
1時間ほどで終了。

くさや液の発酵は順調で
発酵
竹蓋を押すと、一気に泡がブクブクブク!
炭酸ガスが吹き出します。

ガスで浮きあがった魚も沈み
プクプク
とまたガスが。

発酵って、ホント面白いですね。

 

液から魚を上げると、
「やっぱり今日は大きい。」

前回の製造時と同じ選別サイズですが
一回り大きかったようです。
塩抜き

1kg 9枚から10枚くらいでしょうか?
身の厚さにより干し具合も変わってきますので
明朝の生干し加減を確認してからですね。

できたて発送日は20日(土)!
ご注文は、こちらです。

 

身の厚さと言えば
ウトウトと、お店番をしていると
「こんにちわ!」
「は~い。」
「今、息子が来るので。」
「はい。大丈夫ですよ。」
「息子がここのくさやじゃないとダメだと言うんです。」(苦笑)
「そうですか~ありがとうございます。」

で、
「こんにちわ!」
「えっ!」
「お久しぶりです!一年ぶりです!!」(^O^)

なんと昨年夏いらした~Kさんでした。

 

「長田さんのくさやは、柔らかいですよね。」
と。
「昨日、居酒屋で食べたのですが硬くて・・・」

お父様は初めてでしたので
見学している間に、くさやを焼き
試食して頂くと
「そう!この柔らかさ!!これなんですよ。」(^O^)

美味しそうに完食して頂きました。

 

「くさやって保存食なのに、なぜ冷凍するんですか?」
「昔はクール宅急便がなかったので、塩分高めにして硬めに干したんですよ。」
「あっ~」
「ところが最近は甘塩を好み、流通技術も進んだので魚の旨味を醸し出すくさやに。」
「そう言うことなのですね~」

もちろん、冷凍することにより
先日ご紹介した通り
くさやの旨味も増幅していきますよね。

「僕もそうですよ!一年くらい寝かした方が美味しい!」
「そうなのですか~」(苦笑)

 

今日は、贈答用にくさや好きなご友人に発送を。
「明日帰るので、自分の分は明日買いに来ます!」
と、お帰りになりました。

乾燥機の匂い、大丈夫だったかな~
全開にすると
「この匂い!」
と喜びましたが・・・(苦笑)

くさやを好きな方は、奥が深いですね。

今年のアイランダー2018は 11月17日(土)18日(日)です。

今日は青ムロくさやの製造です!
身が厚くなりましたね。

前回と同じ選別機にかけたサイズだったのですが
身のふっくらした重厚感。
鮮魚

脂が少しずつですが前回より見えてきましたね。
あと半月ほどすると~
楽しみですね。(^O^)

今日はいつもより30分早く製造開始しましたので
お昼前には、ご覧の通り。
くさや液
今シーズン一番の製造量になりました!

明朝は忙しくなりそうですね。

 

さて、
いよいよアイランダーの時期に。
今日は、加工組合で打合せがありました。

当店商品はムロアジに限定。
飛魚は他店舗さんが出品することになりましたので
魚の種類だけでなく、異なった加工場での
それぞれ味!
ぜひお楽しみ下さいね。

今年のアイランダー2018は
11月17日(土)10:00~18:00
11月18日(日)10:00~17:00
場 所: 池袋サンシャインシティ 文化会館3F 展示ホールC (詳しくは、こちら)
の予定です。

例年ですと、前日入りして準備をするのですが
今年は17日(土)に、八丈島で三年ぶりに開催される
食品衛生養成講習会の受講開始を確認してから
上京予定です。

初日は、妻と娘達が頑張りますので
よろしくお願いしますね。
初日夕方までには入りたいのですが・・
ギリギリかな~

 

ギリギリと言えば
先ほどお客様から電話が。
「週刊誌見たんだけど、くさやの二枚パック。どうせ当たらないから注文するわ。」
「ありがとうございます!」

ある週刊誌の企画で
お電話、FAX&メールを頂き
あれよあれよという間に掲載され
お客様からご注文が。

掲載された雑誌を見てびっくり。(>_<)

でも、お客様層は
いろいろな所に散りばめられているのですね。

固定観念を持たずに
いろいろな事に挑戦していかなきゃだめだな~
と痛感しました。

 

明日は午前1時起床。
母から
「そろそろ夕方、水ためても良いんじゃない。」
と。

夕方のくさや液室の気温は、21.1度。
室内気温

くさや液の発酵も
くさや液

3週間前と比較すると
3週間前
ほどよい状態におさまってきましたね。

 

くさや液タンク内で、
「熱」を持たなく無くなってきましたので
もう少し気温が下がったら、夕方水を溜め
塩素を揮発させても良いかもしれませんね。

とりあえず、今回はこれまで通りに製造を。
と言うことで、
明日は午前1時に頑張ります!

できたて発送日、20日(土)。
ご注文は、こちらです。
これまでよりも大きめ希望の方はお薦めとなります。(^O^)

大学生くらいかな・・・

塩味もクサヤに馴染み(落着く)美味しかったです

ようやく一段落しました~

今朝は5時起きで加工場に。
パソコンに向かい、事務仕事。(苦笑)

ホントに事務仕事はだめですね。
ためにためて、ただ今13時45分。
ようやく終えました。

やる気になれば終わるのに
製造や体調のせいにだらだらと。
本当に情けないです。

 

そんな今日ですが、
お客様からとても嬉しいメールが。

ここから・・・・・
>
> 着荷しました
> ありがとうございました
>
> 昨年、9月頃頂いたクサヤを冷凍庫に入れ
> 年末から初春頃に食べましたら
> 塩味もクサヤに馴染み(落着く)美味しかったです
>
ここまで・・・・・

と。
昨年、今年と夏の気温が高く
くさやの製造方法に悩んでいました。

 

通常は、小学生サイズの子供ムロアジから始まるのですが
漁獲されるムロアジサイズは中学生サイズ以上に大きく
いかにくさや液になじませるか、大きな課題でした。

塩分度数を上げたり
浸ける時間を工夫したり
製造時間を変更してみたり
より良い方法を試してみました。

そんな中、冷凍庫で「くさやを寝かす」とは!

元々くさやは保存食品ですので
地元の方も、冷凍庫に入れて保存します。
冷凍することにより、細胞が壊れますが
逆にそのことが、
魚とくさや液との相性を良くしていくのですね。

 

更に
一枚一枚サランラップに包み、ジッパー付き袋に入れると
空気に触れず、凍り焼けを防ぐことができ、
より美味しく保存することができます。

ぜひ一度お試し下さいね。

Sさん!
貴重なご感想をいただきありがとうございました。(^O^)

 

そして、お世話になっているYさんから
「小さな旅、観ましたよ。感動しました!」
と。

有料ですが、
NHKオンデマンドで観ることができるのですね。
「小さな旅 門出の春に~東京 八丈島~」(こちら
108円で三日間見られるそうです。

放送後もこうしていつでも観られるなんて、
便利な時代になりましたね。

見逃した方はぜひご覧下さいね。
冒頭7分ほど、紹介して頂きました!(^O^)

 

さて、今日の入荷しだいですが
明日はムロアジくさやの製造予定。
見学用の加工場内を片付け
製造準備。

あっ、包丁
まだ研いでない。(>_<)
これから研ぎたいと思います!

「においもそれほどしないし、本当に干物のようで美味しい。」と!

今朝、港の撮影に行くと
「あっ、たくなん出たんだ。」
調査船たくなん丸が出漁していましたね。

ムロ船は?
と気になり、お店をぐるっと回り港内に行くと・・・
キンメ船他、出漁していましたが
「ムロ船は休みだ。」

加工場に戻り、お店を開けていると
携帯に電話が。

ムロ船の漁師さんからでした。
「今、港に確認に行ったところだよ。」
「今日は休みって決まってた~明日は出るよ。」
「じゃあ、買わないとだね。」

週一ペースで製造を決めたものの
実際はしけが続くと
「結構厳しい。」

来週は、23日から25日まで上京。
来週の製造は無理だな・・・

その分どこかで頑張らないと。
自然相手はやはり難しいですね。

 

頑張ると言えば、
三年に一度の食品養成衛生講習会。

これまで二度開催しましたので
希望者の多くが受講し終えたのか
受講希望者数が少なく!

来週行われる、秋の衛生点検で
今一度、告知を行う予定。
配布資料を作成してコピーしなきゃ。

点検名簿も明日確認し~
作成しなきゃ。

一昨日の晩から、風邪気味で寒気が引かず・・・
ちょっとのんびりしすぎちゃいました。(>_<)
今晩は早めに休んで、明日以降に備えないとですね。

 

一昨日と言えば、K先生から
FAXが届きました。

見学時、「最終便で帰る予定・・・」
とのことですが、悪天候で欠航に。

昨日お戻りになったそうで

・・・・・ここから

買ってきたくさやを夕食で食べました。
両親が知っている、大島のくさやとは全然違って
「においもそれほどしないし、本当に干物のようで美味しい。」
と言っていました。

・・・・・ここまで
とのこと。

やはり、島それぞれ風味が異なるのですね。
大島には大島の、新島には新島の。
そして、
八丈島には八丈島特有の「マイルド」なくさやが
特徴なのですね。

 

やはりまだ寒気が抜けませんね。
先ほどお客様来店で
冷凍庫に入ったのがまずかったかな・・・

雨も重なり、ジョギングもお休み。
焦るばかりで、物事上手く行きませんね。(>_<)

増田明美さんから「島の方ですか?」と。(苦笑)

今朝は、
「ドッカ~ン!」
「ザー」
と、雷と雨に起こされましたね。(>_<)

しばらく、今は外に出られないな~
と、ウトウトしていましたが
小雨になったところで
「起きるか~」

 

今日は第16回 八丈島夢伝。
毎年、増田明美さんが来られ開催されます。
夢伝の開催要項を見ると

八丈島夢伝は、「より良く生きる」という“夢”を自分の中に育て、そして他へ “伝える”ことを目的としています。 走る、歩く、車いすや電動車いすで、自分のもてる力と技で、みんなと共に ゴールに向かって精一杯がんばってみる。一人でも多くの方々に参加して頂き、 さわやかで楽しい雰囲気の中で、競争ではなく、障がいのある人、ない人が お互いに励まし合い、交流を深めることが出来ればと思います。

と書かれていました。
3.4kmコースを、車いすの方からスタートし
ウォーキングの方、マラソンの方と
通り過ぎていきます。

 

10時半スタートでしたので
15分頃、お店を閉め出発。
「雨?」
小雨がほんの少し。

それでも早朝に比べると明るく
空には青空も見えてました。

ついつい八高に行くクセで、空港通りを走り抜け
「あっ、八重根港に行くはずだったのに。」
「スーパーアサヌマ通りの方が良かったかも・・・」
「スタート前だから大丈夫かな。」

 

次第に暗くなり
ワイパーを使うくらいの雨に。

ビューホテル前の信号を下り
長崎三叉路に。
「駐車場、止められるかな・・・」
と車を入れると
「あっ、ここ一台止められそう。」

ちょうど道路を向かいに駐車することができました。
しばらく小雨の中待機すると
車いすの方が見えはじめ、外に。

 

一昨年は、応援の方多くいましたが
今年は、誘導係の方が二名のみ。
「あれ?」
「もしかしてH兄ちゃん!あれ?Uさん?!」

道路を挟んで反対歩道に立っていると
「こっちげぇ~こぉ!そっちは歩きんなきゃ。」(^O^)

「応援か?」
「知人が東京から来て~」
「へぇ~」
と兄ちゃん。

「朝は、ものすごい虹が架かっていたんですよ~」
とUさん。

そんなな会話をしながら、正面の海を見ると
「ダイビングしてるんですね。」
「あっ~ここは長崎根って言って、ずっ~と根があろだ~」
「そうなんだ~」

 

「おっ、最初の人が来たかな。」
ようやく大会が始まったようです。

はじめは、車いすの方が。
押されている方も押す方も
雨と風で、みなさん緊張顔でしたね。
夢伝

「がんばって~」
と応援しつつも
背中にあたる、雨と風が強まっていき
「びちょびちょ。」(苦笑)

ちなみに、うちの叔母も。
叔母

そして、「あっ、Uさんだ。」
来た~

「おさださん!」
気がついたのは、車いすを押すガイドのOさんでした。(苦笑)

ちなみに復路時には雨もあがり
Oさんの声で「みんなで!」
Uさんご夫妻と

Uさんご夫婦、Yさんご夫婦の記念撮影ができました。
Oさん、ありがとね。(^O^)

 

しばらくすると
「お~純!」
同級生の純が。
カメラを向けると、
隣は、増田明美さんでした。(^O^)
増田明美さんと純

大会長の増田明美さん。
ゴールしたのちに、再び走ってこられ
「雨の中応援ありがとうございます。励みになります。島の方ですか?島外?」
と。
「島です。純の同級生です。」
「あっ~そうなの!」(^O^)

気さくな会話は、マラソン解説時そのものでしたね。(苦笑)

 

そして、
「あっ~Oくん!」
Oくん夫婦も

なんと、今年の春から八丈島に移住した
Oくん夫妻が。

「えらい!」(苦笑)
島の行事に参加することが、慣れない島での生活において
支えになりますよね。
しかもYちゃんと一緒に夫婦で走るとは!
やられました~(笑)

実は、昨日の朝から
「寒気がする。」
と、厚着にしたり、風邪薬を飲んだり。
体調不良でしたが、何だかみなさんの笑顔に癒やされ
だいぶ楽になりました。(^O^)