八丈島からお届けします♪

2016年5月11日(水) 日テレ「news every. 」で紹介されました!
2016年5月9日(月)・14日(土) NHK Eテレ!「むちむち!」で紹介されました!

2015年10月、新たな志でスタートを切ることができました。これまで60万アクセスしたホームページ「くさや屋ドットコム」に負けないよう、これからどんどん作り込んでいきますのでどうかよろしくお願いしますね。毎日更新!「今日の八丈島」は画面一番下になります。(^O^)

ネットショップをはじめて17年。全国のお客様に楽しんで頂いた日記も子供達の成長から旅立ち編に。

八丈島の北東約二七海里には、父が見つけた「カンテツ山」という漁場があります。その名の通り、父の船は貫徹丸。今は加工業に専念していますが19tの船主でした。 30年前、全く獲れなくなった春飛魚を追いかけ、小笠原まで出漁した根っからの漁師。そんな父の魚の取り扱いを学び19年。当店の自慢は妥協を許さない魚の鮮度と、伝統の味です。 水揚げされた魚は港からわずか38秒で加工場へ。新鮮なくさやって、食べたことありますか?八丈島空港から羽田空港まで50分。全商品、航空便にて!お届けします。

全長40cm!春飛魚の魅力は真っ白なお腹!

春飛魚「飛魚の鮮度って、どこで確認しますか?」と尋ねると、「目」という声が多いですね。もちろん、鮮度が落ちてくると目や鰭が赤く染まってきます。でもそれより早く染まるところがあります。それが「お腹」。真っ白なお腹にはすぐに血がたまりはじめ、赤黒い線が延びてきます。画像をご覧下さい。真っ白ですよね。これが獲れたての飛魚。当店の飛魚は、鮮度の良い物を水揚げ後すぐに製造しますので違いがすぐにわかります。

獲れたての春飛魚

子供達から教えてもらった大切な想い

お店前北海道から帰ってきたのは、娘がお腹にいるときでした。3年後息子が誕生。わが家は6人家族となりました。それからまもなく姉弟には、いえ私たち家族には大きな試練が待っていました。人生の生き方を教えてくれた子供達。はじめにぜひ、読んで下さいね。

店舗前にて、最後の制服姿は2015年卒業式

両親、私達、そして子供達へ、家族三代で引き継ぐものとは

製造中漁師家業が嫌で両親の元を離れた15年。栽培事業を学び、アワビ、ヒラメ、カレイ等魚介類の種苗生産や増養殖に励みました。帰島後、両親の立場に。子供達に手伝ってもらいながら、家族三代で営む伝統産業を営みます。そんな今思うことは。

家族三代で製造中

小学生から大学生まで、子供達と考えるくさやとは

製造中はじめてくさやの授業をしたのは長女が小学生。2クラス40名余りの子供達が歩いて加工場に。一度に入りきらず初めは外でお話しした記憶があります。それから特別支援学級の子供達、中学生の体験学習、東京の首都大学生、東大生。たくさんの方が学びに来てくれました。そして2013年、筑波大附属小学校の子供達が11時間も授業として取り組んでくれました。「はぐくむ力」とは。子供達の授業を通して学んだくさやの歴史、文化をご紹介しますね。

くさやの発表会

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の八丈島

明日は台風の影響で雨予報。今日は・・・

今日の画像は、午前07時09分。今朝の八丈富士と神湊漁港です。
今日も晴れ!海上はうねりが出てきました。
八丈富士

神湊漁港
今日の予報は、北東の風のちやや強く くもり時々晴れ 波2mのち4mうねりを伴う 最高気温30度です。
今朝の飛行機、定期船は順調です。

今晩から風が強まりそうですね。
明日日中は台風の影響で風雨共に強まりそうです。

明日の飛行機は全便欠航決定しました。
定期船は、まだ未定です。